ホッカイドウ競馬を愉しむ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

サクラハーン、道営移籍!

南関東ファンの皆様にはお馴染みのオープン馬が、道営・松本隆宏厩舎に移籍してきました!

JRAで17戦3勝(因果なことに、3歳時には船橋所属ヒミツヘイキが勝ったユニコーンステークスに出走して5着)の成績を収めた後、船橋・川島正行厩舎に移籍し30戦4勝、昨秋の南関重賞・埼玉新聞杯(浦和1900m)で2着したサクラハーンです。父アフリート、母サクラセクレテームでその父Danzig。
血統が示す通り、全7勝をダートで挙げ、JRA時代の芝3走はすべて3秒以上の大差で敗れているという生粋のダート馬。逃げ・先行で粘り強く、JRAでも1600万円以下(準オープン)まで出世。南関東では昨年9月23日に地方交流「ふさの国オープン特別」を制して、待望の初オープン勝ちを果たしました。
南関東では、つい先日の7月21日川崎の準重賞スパーキングサマーカップまで出走。タイムオーバーの惨敗を喫してしまったのを機に、道営ホッカイドウ競馬に移籍してきたものです。

タイムオーバー明けで、道営の規定により受けなければならなかった今日の能検ですが、宮崎光行騎手を背に1頭だけで出走。さすがの加速力を見せ、1分01秒7で無事、合格しました。

無事に能検を終えたサクラハーン

見届けた松本調教師は「少し腰に疲れが出ているようで、まだまだ万全ではないんだけど、まずまずの走りだったと思う。使えれば次回後半のオープン(※9月28日旭川ナイター10Rヘクタープロテクター賞)からいきたいね」とコメント。使いながら良化を図っていきたい、との事でした。
なお、このヘクタープロテクター賞は、28日の川崎ナイターで広域場間場外発売が実施される予定。南関東系統の場外発売所はもちろん、SPAT4やD?netでも馬券を買えますので、いつでも「無料」放映のスカパー795チャンネル「ダイナミック競馬(道営ホッカイドウ競馬実況生中継)」を御覧いただきつつ、新天地に移った南関東オープン馬の今後に是非、ご注目ください!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。