ホッカイドウ競馬を愉しむ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

何かと話題の多かった札幌開催

こんにちは。古川浩です。
今週の札幌開催は、話題の多かった開催でした。
まず、今年から札幌ダービーとなった北斗盃が行われました。優勝はフジノダイヒット。不本意なレースが続いた実力馬だけに、気持ちがスカッとする事が出来たんじゃないでしょうか。ただ、このレースは去年まで1000mH2でした。人の気持ちはそうそう変わらないものです。やはり今年も、3歳チャンプは「北海優駿を勝った馬」となるのではないでしょうか。
2歳戦では、13歳(当時の年齢)で北海道スプリントカップG?を勝ったオースミダイナー産駒のクラダイナーがデビュー。白毛馬マルマツライブも初勝利近し!というレースぶりです。2歳オープンのフサイチコンコルド賞も好レース。毎年の事ですが、中央の函館・札幌シリーズの特別指定競走、11月以降の南関東の2歳戦は力を把握していない印が、並びます。道営の2歳戦をチェックすれば高い配当を手に出来ます。
そして、キャニオンロマンも復帰しました。やっぱり強い馬!これからも、楽しみです。
東京ダービーはビービートルネードが優勝。道営出身としては、2000年ヒノデラスタ以来6年ぶりとなりました。失礼な話で、まったくのノーマーク。管理するのは通算500勝も近い名調教師、武井栄一師。なぜか、重賞に縁がありませんでしたが、ついにダービートレーナーとなりました。おめでとうございます。
来週は13火?15木の開催です。15木には北海道スプリントカップG?があります。お楽しみに!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。